【ついに解禁?】産後のお酒はいつから?完ミ・完母での飲酒まとめ!

まとめ

子育てをしているママさんは、妊娠がわかった日から大好きなお酒を我慢する方がほとんどです。母乳育児をしている方はさらに、授乳期間も禁酒。もしかして卒乳するまで飲めないの?と思う方が多いですよね。この記事では、妊娠中から授乳期間までお酒を控えているママさんの“産後のお酒はいつから?”と言う疑問を解決します!

授乳中のお酒はOK!

お酒を飲むとアルコールが母乳に移行してしまうので、授乳中は控えましょう。ネットで調べるとどの記事にもそう書かれていますよね。

ですが、実は飲むタイミングと授乳間隔を考えれば飲んでも大丈夫ですよ!

飲むタイミング

▶︎お酒を飲むタイミングは授乳直後。
▶︎お酒を飲んで2時間は授乳を避けること。
▶︎アルコールが体から抜けるまでしっかりと授乳間隔をあける。

アルコールは摂取すると急速に母乳へ移行し、30分〜1時間半後に血中アルコール濃度のピークが訪れます。そして、少しずつ分解され体内から抜けていきます。
なので、その時間を避けてお酒を飲むようにしましょう!

私自身も完母で息子を育てていましたが、授乳期間中もお酒を飲んでいました。飲みはじめた時期は、夜間授乳の時間が空くようになってから。様子を見つつ飲み始めました。妊娠期間中も我慢したし、久しぶりのお酒は格別です!

どれくらいの量を飲んでもいい?

厚生労働省が定める適度な飲酒として、1日純アルコール20g程度(ビールは中瓶1本、缶チューハイは1本程度)とされています。これくらいの量ですと、アルコールの分解までに2−3時間は要します

注意点として、赤ちゃんはいつ夜泣きをしてもおかしくありません。泣き止まずに授乳をしたくなる時もあると思うので、毎日ガブガブ飲むのではなく飲酒は週末のみにする、濃度の薄いものをグラス1杯だけにするなど工夫することが大切です!

もちろん、お酒が弱い方はもっと少なくしてくださいね。

完ミの場合は?

完ミであれば、もちろん飲酒はOK!飲酒ができないストレスから、育児が嫌になってしまったら元も子もないですよね!それなら悩まず完ミにするのも良いと思います。赤ちゃんが夜間に起きることもあるので、飲み過ぎには注意をして、また赤ちゃんの手の届かないところにお酒は置いておきましょう。

お酒が赤ちゃんに与える影響

多量のアルコールを摂取すると、母乳を介して赤ちゃんの体内にもある程度のアルコールが入ってきます。
しかし、赤ちゃんの肝臓は未成熟でアルコールをうまく分解できません

アルコールの赤ちゃんへの影響
  • 傾眠状態:ぼんやりしたりウトウトする
  • 学習障害
  • 成長障害:低身長・低体重など


また大量のアルコール摂取後の母乳から、赤ちゃんが急性アルコール中毒にもなりかねないので大量摂取は絶対にやめましょう!

さらに、母体にも変化が起こります。飲酒によって母乳を作るホルモンの働きが抑えられ、母乳の分泌量が減ってしまうこともあります。

まとめ

授乳期間中にお酒を飲みたいときは…

飲むタイミングと授乳間隔を考える

▶︎お酒を飲むタイミングは授乳直後。
▶︎お酒を飲んで2時間は授乳を避け、アルコールが体から抜けるまで授乳間隔をあける。

飲む量を考える

▶︎濃度の薄いお酒をグラス1杯程度に抑え、飲み足りないならノンアルで。

潔く完ミにする

▶︎飲みたくて飲みたくて仕方がないなら、完ミもあり。
 母乳育児がしたいなら我慢も大切です!(授乳期間って意外とあっという間!)


これを守るようにしてください!
妊娠中もお酒を我慢したのにまだ飲めない…!と悩んでいるママさん、少しでもお役に立てたら嬉しいです。大切な子どものために少しの我慢は必要ですが、無理せず気楽に頑張りましょう!
 

▼こちらの記事も人気です!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました